私が実践している背中ニキビを解消する方法

私も実は背中ニキビに悩んでいるうちの一人です。
困っていることは、他の箇所同様に背中が痒くなったからといって掻いてしまうと、とんでもない激痛に襲われてしまうことです。他には寝ているうちに痒みが出て引っ掻いてしまったのか、朝起きると衣類が血と膿によって汚れていたりします。

senakaarai

こうした出来事から、背中ニキビのメカニズムを調べて対策するようになりました。まずは背中ニキビが出来るメカニズムから簡単に説明していきたいと思います。

■背中ニキビが出来るメカニズム

背中ニキビが出来てしまう原因として、マラセチア菌がそのひとつと言われています。マラセチア菌はアクネ菌同様、外部から皮膚を守ってくれる在住菌の一種なのです。

しかしその反面、酸素を嫌って皮脂や湿気のある場所を好む傾向にあります。つまり、背中のような皮脂の多い箇所の毛穴に皮脂が詰まってしまうと一度にマラセチア菌が繁殖してしまいます。

他には、マラセチア菌数種類の中のひとつ、マラセチアファーファーという菌は毛穴に入った異物に対して敏感に反応してしまいます。これらのことから背中ニキビが発生してしまうのです。

■背中ニキビの解消方法

背中ニキビが出来ないようにするためには主に下のようなことに気をつけましょう。

1:ナイロン製のボディタオルは使わない

実はナイロン製ボディタオルは、擦る力が強いので不必要な角質を落とすまでは良いのですが、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

結果的に皮膚のバリア機能まで取れてしまって、外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。オーガニックコットンや麻など、なるべく天然繊維のボディタオルを使うようにしましょう。

2:化学繊維の肌着は避ける

近年になって、冬でも暖かい肌着が売られていると思いますが、実は化学繊維で作られていることが多いのです。化学繊維は汗の吸水性が悪く、残りやすい傾向にあります。

中は当然蒸れてしまい、マラセチア菌は湿気のある場所を好むため背中ニキビの原因となります。どうしても着なければ寒い時などは、下に吸水性の高い肌着を重ねて着るなどの対策が必要です。

3:シャンプーのすすぎ残しに注意する

髪にも言えることですが、シャンプーをした後は意外とすすぎ残しが多いのです。そういった成分が毛穴の中に詰まってしまうことで、背中ニキビの原因に繋がってしまいます。

対策としては、しっかり洗い流すとか、洗う順番を変えてみるのもひとつの手ではないでしょうか。その際には石鹸やボディソープのすすぎ残しに注意して下さい。

4:保湿ケアを行う

背中は意外と乾燥しやすかったり、肌の新陳代謝が行われにくい箇所。そうなると毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくニキビの原因となります。

背中ニキビを解消するには、保湿ケアをして感想を防ぎ、新陳代謝を活性化させることです。その為には、まず保湿力の高いスキンケアを使用することが大切。おすすめのスキンケアはコチラを参考にしてください。背中ニキビ治し方徹底ガイド

■最後にまとめ

背中ニキビが出来るメカニズムと、その解消法について述べさせて頂きました。もちろんこれ以外にも原因はあるのですが、これらを試すだけでもかなり変わりました。

他には生活習慣の改善や、ストレスを溜めないようにすることも背中ニキビの予防となります。背中ニキビに悩んでいる方は、ぜひこれらを試してみて下さい。

以上、『私が実践している背中ニキビを解消する方法』でした。

フェイスラインにできるニキビのスキンケアと生活

フェイスラインにできるニキビは間違ったスキンケアをしている方に多くみられます。
思春期ニキビ化粧品と同じものを使うのは、避けましょう。

フェイス

ポイント1:洗顔
ニキビが気になると、1日に何回も顔を洗ったりごしごしブラシでこする方がいます。
必要以上に潤い成分を落とすと、肌が乾燥します。角質が硬くなり毛穴が詰まるので、ニキビができやすい肌になります。

朝は洗った後、さっぱりする石鹸を使い顔を洗いましょう。夜はメイクを落とすためにクレンジングは必要です。油分の量が多すぎない、クリームタイプがニキビ肌には負担がありません。オイルは界面活性剤が入っているので、アイメイクや口紅だけにしましょう。

ポイント2:スキンケア成分

ニキビができていても、当然保湿は必要なことです。
洗顔後なにもつけないという方は、間違いです。コスメの油分はアクネ菌が増えるので、クリームや乳液は避けましょう。美容液は必要で、保湿成分はとる必要があります。肌の水分が少なくなるのは防ぐ必要があります。

ニキビ予防のための成分は、ヒアルロン酸やセラミドで肌がやわらかくなるので毛穴が詰まりにくくなります。ビタミンc誘導体入りの化粧水は、皮脂を抑えて肌を正常にしてくれてニキビ跡の赤みも薄くしてくれます。

ポイント3:ファンデーション

ニキビ肌で素顔で外に出る方がいますが、紫外線を浴びると肌が老化します。
社会人になってニキビができた場合も、メイクが原因と言うよりはストレスや不規則な生活が原因です。

ニキビを隠すためにクリームタイプのファンデーションを使うと、界面活性剤が多いので悪化します。パウダータイプがあっています。

ポイント4:食事・睡眠

ニキビで薬を飲む方がいますが、副作用の心配もあるのでできるだけ避けましょう。
食生活を改善することが大切です。新しい細胞が生まれるように、ターンオーバーを正常にしましょう。

睡眠不足にならないように、夜は12時までには休んで6時間から7時間は睡眠をとりましょう。質のいい睡眠が大切なので、30分前にはお風呂に入りパソコンやスマホも寝る前はさけましょう。静かな音楽を聴いたり、読書をして過ごすのが理想です。

アロマオイルは、自律神経をリラックスさせてくれるので好きな香りでマッサージも効果的です。ドリンクもカフェイン入りは避けて、温かいハーブティーをゆっくりと飲みましょう。

甘酒は発酵食品で、腸の調子を整えてくれて便秘の解消にもなります。女性ホルモンのバランスが乱れないように、体の冷えにも注意しましょう。

一滴のオリーブオイルで肌を守る方法

効果的なスキンケアの方法として、オイルというものが見直されています。
特に、化粧用の良質のオリーブオイルは、スキンケアに高い効果があるといわれています。そして、毎日のスキンケアに一滴加えるだけで、肌の状態がぐっとよくなるのです。

オリーブオイルには、まず、紫外線などから肌を守る効果があるといわれています。そのため、毎朝、一滴使うだけで、紫外線などのダメージから、肌を守ってくれるのです。

紫外線は、気になるシミやしわなどの原因となります。また、紫外線の影響というものは、年齢とともに現れやすくなってきます。オリーブオイルで肌を守ることによって、肌の老化を防ぐことができるのです。

また、オリーブオイルというものは、肌荒れの改善にも効果があります。
たとえば、ニキビや吹き出物というものは、一つでもできると、とても気になるものです。こういった場合には、オリーブオイルをかぶせるようにつけておけば、ニキビや吹き出物が悪化することを防ぐことができます。

そして、いつの間にか治っていることにつながるのです。こういった肌荒れ対策のためにも、オリーブオイルを備えておくといいでしょう。

そして、オリーブオイルというものは、顔だけでなく、ボデイケア対策にもなります。手や足のカサカサなどの対策としても、どんどん活用するといいでしょう。

また、髪などにも利用すると、効果があるともいわれています。こういった点も、ありがたいといえるでしょう。

さて、オリーブオイルというものは、いろいろなメーカーで売り出されています。そして、どのようなものを使ったらいいのか迷ってしまうでしょう。

そんなときには、コスメサイトなどの口コミを参考にするといいでしょう。特に、自分の年齢や肌質に近い人の口コミは参考になります。

毎日使い続けることになるので、どれを使うのかは、慎重に選んだほうがいいでしょう。そして、自分に合ったものを使い続けることによって、効果を実感できるようになるのです。

ニキビの種類に合わせたケアできれいに肌に

長年、顔に出来てしまうニキビに悩んでおりました。
私の場合は顔の中でも特にニキビが出来る場所は鼻と口周りが多かったのです。また鼻に出来てしまうニキビは赤く大きく腫れ上がる事もあって、長い期間完治せずに凄く恥ずかしい思いをした事もありました。

鼻

口の周りに出来るニキビに関しては赤いニキビや白いニキビがあって、大きさは鼻に比べると小さいものが多かった様に感じます。どうして鼻や口の周りばかりに出来てしまうのかな?とよくよく考えたり、調べたりした結果分ったことがありました。

まず、鼻にニキビに関しては私の場合は、毎回鼻に出来てしまうことが多いことから、鼻がニキビに出来ていない時でも鼻を触っていることが多い事に気がつきました。そう言えば、癖の様に鼻を触ることがあるので、家族にも指摘された事もありました。

次に口の周りに出来るニキビに関しては食べる物や飲む物が凄く影響している事が分りました。
例えば、私の場合はお酒は飲まないものの、炭酸系のジュースが大好きで日によっては1回で500mを2本くらい飲みます。それに加えてお菓子が大好きなので、夕飯の後もお菓子を食べる事が多かったのです。

どうやら、糖分を取りすぎると口の周りのニキビが出来ている気がしたので、一度、炭酸ジュースや夜のお菓子を辞めてみました。すると口の周りにニキビが出来る事が本当に少なくなったのです。その時に糖分を取りすぎると口の周りにニキビが出来ると学習をしました。

しかし、どんなに鼻を触らない様にしたり、食べる物、飲む物に気をつけていてもニキビが出来てしまう事もあります。そんな時はどんな風にケアをしたら良いのかと考えました。

そして鼻のニキビがあまりに完治しないので、一度皮膚科へ行ってみたのです。
その時に鼻に出来た大きなニキビが芯がある場合が多いので、その様な場合は芯を根元から切ることを勧められました。その日のうちの皮膚科処置をしてもらいましたが、本当に回復は早かったし、その後も鼻にニキビが出来難くなりました。

その時に顔にニキビが出来ない様にとスキンケアを教えてもらってきましたが、とにかく洗顔の後は保湿保湿なんだそうです。一見、ニキビはオイリー肌にしてしまうと出来易いイメージがありましたが、そうではありませんでした。

とにかく乾燥をさせない様に保湿する事が一番ニキビを顔につくらいコツのようです。私はそれから顔はオイルケアで徹底保湿を心がけています。

口にする物に気をつけて、糖分を控えて、乾燥をさせない肌ケアをする様になってからは、ほとんど顔にニキビは出来なくなりました。ニキビで悩んでいる方は試してほしいです。

ニキビは顔以外の箇所にもできることがあります。例えば背中にできるニキビ。背中のニキビに関しては、コチラの記事を参考にして下さい。私が実践している背中ニキビを解消する方法

敏感肌の大人ニキビ対策は慎重に

ニキビ、というとどうしても「脂性肌」「オイリー肌」と言うイメージがつきまといます。

ニキビは汗腺・皮脂腺に古い皮脂や老廃物がつまり、それが原因で起こる炎症だと言う一般認識があるためではないでしょうか。ですが肌の皮脂分泌量とはまた別に、肌内部の乾燥が原因でニキビが起こっている場合もあるので、注意が必要です。

このタイプのニキビは、大人の敏感肌の女性に多いものです。
若い頃はごく普通の肌で、それほど基礎化粧品に気を使わなくても、健康的につややかな肌だったのが、30代を越えたあたりから急激に敏感肌に転向してしまったという方。

こういった年齢とともに敏感肌になったかたは、繰り返す肌荒れ、その中でも大人ニキビの繰り返しの出現に悩まされることがとても多いのです。

大人ニキビの特徴としては、Tゾーンなど皮脂腺の多い部分はもちろん、頬や口元の周辺・小鼻の周りなど、一定の場所に「またか」と思わせるように繰り返し現れます。季節の変わり目や、月経周期に合わせて頻出することもあります。

こういった大人ニキビには、いわゆる普通のニキビ用化粧品では歯が立たない場合がほとんどです。若い頃に愛用していたアクネ対策化粧品でも、現在は刺激が強いようにしみて使えない、というケースもあるでしょう。

敏感肌の方は平生からよく選んで、低刺激で無添加などの基礎化粧品を使っている方が多いと思いますが、そのように選び抜いた「肌に優しい」化粧品でも、大人ニキビが出ているような時期にはピリピリと刺激を感じてしまい、途方に暮れてしまうこともよくあります。

ではこういった大人ニキビ、しかも年齢肌・敏感肌の方はどういった対策を立てたらよいのでしょうか。まずは根本的な肌の乾燥や、ホルモンバランスの乱れから取り組んでいく必要があります。

規則正しい生活習慣、しっかりと水分補給をすること、適度な運動に十分な休養・ストレスをため込まない、バランスの取れた食生活…良く言われていることですが、こういった基本の生活習慣対策はなくてはならないものです。

ここに加えて、ローヤルゼリーやプラセンタ、マカや大豆イソフラボンなどと言った、女性向けのサプリメントを摂取することをおすすめします。基礎化粧品については、ひとつの製品にこだわることなく、大いに新製品・未知の製品を試していくべきでしょう。

大人ニキビ専用、敏感肌専用の化粧品は多く出回っていますが、だからといって全ての敏感肌ケースに対応している製品というのは存在しません。

妥協することなく、「自分にとってのよりベストな」ものを探していく姿勢が、大人ニキビ対策に求められるものです。

とにかくニキビを作らない為には洗顔

何よりもニキビが嫌だという事で、とにかくニキビを作らない方法はとにかく洗顔に限ります。
そんなの当然だと思うと思いますが、ニキビを作りたくないとう目的があるのであればとにかく洗顔が最も効果的です。家を出る前と出た後だけでは全く足りません。

洗顔

ニキビは汚れや汗が毛穴に入ってできるのですが、家を出て少し経つと汚れなんて簡単に付きます。それに加え多少動けば汗も自然と毛穴に入っていきます。

特に汗をかいている感じはしないとしても、顔を触ってみると意外に顔がベタベタする事が多いですよね。その状態は非常にニキビができやすい状態です。

普段意識しないかもしれませんが、緊張したり、考え事をしたりしていると意外にそういう肌の状態になっているのです。ですが普段学校や仕事をしていると中々顔って洗うタイミングがありませんよね。

ですが、学校では休み時間、職場ではトイレ休憩や昼休憩で必ず顔を洗う様にするだけでニキビのできる確率が全く変わってきます。

正直顔をあまり洗いすぎるという事は美容関係の方々からしたら肌を傷めるというご意見があると思いますが、毎日の生活で普通の人がそこまで肌を意識した行動なんてできませんよね。
正直そんな事を突き詰めたら何もできなくなりますし、何も食べれなくなりますよね。

よく販売している顔を拭き取るウエットティッシュ的な存在も効果が全く無いとはいえませんが、正直洗顔に比べるとどうしてもニキビに対する効果は高くありません。

洗顔をした後と顔を拭き取った後、直後はもしかしたらウエットティッシュの方がスッキリしているかもしれませんが、数分もすれば洗顔の方が効果的なのが分かると思います。

特に顔がベタベタしてしまっている状態の時はウエットティッシュでいくら顔を拭ってもすぐにベタベタになってしまう事も多いと思います。ですが洗顔ですと暫くの時間はスッキリの状態が残るのです。

洗顔といっても別に洗顔フォーム等を用意する必要も無く、また肌に良いと祝えているお湯で洗顔をする必要もありません。とにかく水でも十分なので肌の油、汗、汚れをとにかく落としておくのです。
考え方としてはとにかく目的はニキビを作らないという事です。

洗顔の回数によっては顔がヒリヒリしてしまうかもしれませんが、ニキビができているか顔が多少ヒリヒリするのかどちらがマシなのかという究極な選択かもしれません。しかし、ニキビはそれ位しないと結構しぶとく生産されてしまうのです。

特に汗っかきの方や、脂性の方は人一倍ニキビができやすいコンディションになりやすいので、やりすぎという位に環境を変える事でニキビの悩みを解決できるのです。